2013/02/01(金)

「ワクワク海外移住」宣言!

どうもいろいろ、ご心配おかけしました。
長男は、あれからひと山乗り越えたようで、毎日元気に幼稚園に通っております。

先日、ためしに「マレーシアってどう?」って聞いてみたところ
なんと「けっこう気に入った」という意外な(?)答えが。

「え、どこが? どこが?」と聞いてみると、
「おうちが広いところ、プールがあるところ。それに……幼稚園が楽しいところ」
ですって!!

えええ〜、この間と全然ちがうやんけ!!
おかーさん、マジ違うエリアの幼稚園も探しはじめるところだったよ( ̄Д ̄;;
とツッコミたいのをぐぐっとガマンして、本人に楽しいと思う中身を聞いてみました。

そしたら、
◎どうも幼稚園でテレビを見せてもらっているらしい(わが家にはテレビがありません)
◎何かのたび、ごほうびにグミなどのお菓子をもらっているらしい
ということが発覚……!!

これがマレーシアでは標準らしい(友人の息子さんの学校では、先生が生徒をほめるとき、1RMのお金をくれるそうです!!)ので仕方ないんでしょうけど……なんだかどっと力が抜けたのでした(´Д`)

まあ、キミの毎日が楽しいのがいちばんだよ。
よかったね、ということにしておこう!!

 
 
 
さて、前置きが長くなりました。

昨日、新しいプロジェクトのプレサイトがローンチしました。
その名も「ワクワク海外移住」!!

私、「デイジー」というハンドルネームで、新しいブログを書きはじめました!
なので、クアラルンプールでの生活の様子などは、今後はそちらで書いていくつもりです。
よかったらぜひチェックしてくださいね!
 
 
しかし、なぜこんなベタベタなネーミングにしたかって??
 
「ひと目でわかる、わかりやすさ」も理由のひとつなんですが、2011年夏、とあるネット上の海外移住コミュニティに参加したことも大きく影響しています。

そこに集っていたのは、もちろん「海外移住」をめざす人たち。
欲しい情報を互いにやりとりできるんです。
そりゃあ、願ってもないじゃないですか!
毎晩、Skypeであれこれ情報交換したり、悩みを話したり。

しかし現実は……そのコミュニティはとっくに解散してしまって、もうありません。

一時はかなり濃密なやりとりをしていて、なかには実際に海外に渡った人もいたんですが(当時、妊娠中だった私には、すぐに行動できる人がうらやましくてしかたなかったです)、手引きしていた人が渡航者たちから集めたお金の使い方などに問題があることが発覚して空中分解……。
 
 
「なんだかなあ」と「やっぱりなあ」がごちゃごちゃになって、コミュニティが終わった当時は、複雑な気持ちでした。
「やっぱりなあ」と思ったのは、呼びかけ人物が使っていた言語が、私にはどうも合わなかったんですよね。

海外に在住していた彼女は、最初は確かに「日本人を助けたい」という純粋な思いから行動したんでしょう。
呼びかけの言葉も、それなりにキャッチーでパンチ力もあった。
そんな彼女を頼りにした人たちが、吸い寄せられるようにたくさん集まって……。

しかし、コミュニティ内で彼女が使っていた言葉は、ほとんど脅しに近いものでした。
今、住んでいる場所から動かない(動けない)人、家族の問題で悩んでいる人を、激しく叱咤するんですよね。
「今、動かずにどうする!」「本当に自分がしたいことは何だ!」的な感じで。

コミュニティ内でいろいろなプロジェクトが立ち上がって、それはそれでおもしろい動きだなと思っていたんですけど(人ごとなのは、私、ほとんど何も手伝ってなかったのでw)、参加している人たちがどうも「やらされている感」とか「みんながしているから、私も何か手伝わなくちゃ感」で動いている気がして。

で、根っからのあまのじゃく気質の私は、そんなところに水を差す役割だったんですけど(苦笑)、主催者にホントに伝えたかったのは、「脅しじゃ人は動かないよ」ということ。

今、体罰が問題になってますけど、あれと同じですよね。
言葉や暴力で相手をやりこめて一時的に言うことをきかせることはできても、それは心からではないから、必ずひずみが生まれてくる。
恐れや不安から動いても、本当に欲しい結果はついてこないものです。
 
確かに3.11以降、海外移住をめざす人は増えたけど、現実にはいろんな足かせがあって、みんながみんなそれを実現できるわけじゃない。
でも、動きたいと思ってる人は、日増しに増えている……。
 
 
そこで、考えたわけです。
人が実現困難なことにチャレンジする原動力って、いったい何だろう? って。

もちろん、子どもの将来とかも大きな原動力になると思います。
ある人は、それで海外移住を実現できたかもしれない。
でも、逆に私は、足がすくんでしまったんですよね。
私自身が外国で何をしたいのか、さっぱり見えてこなくて。

で、いっぱい迷走して迷走して、「経済的なことが問題なんだったら、ネットビジネスでもやるか」的な行動もとってみて、ある日突然気がついたのが、「自分自身がワクワクすることが必要なんだ」ってことだったんです。

私たちには、困難なこと、思いがけないことにぶつかったとき、「ワクワク」するという適応力が備わっているそうです。

子どものころ、台風が来ると「ワクワク」しませんでしたか?
以前、何かで読んだんですが、あれは予測不可能なできごとに適応するための、人間に備わった本能なのだそうです。

緊張状態にあると、人間のパフォーマンスというものは確実に低くなります。
一方、「ワクワク」している状態というのは、非常に集中力があって、パフォーマンスの高い状態らしいのです。
だから、人は「ワクワク」することでパフォーマンスを上げ、数々の困難を都度乗り越え、生き残ってきたんですね!
 
 
私は今、誰よりも自分自身が「ワクワク」して、この状況を楽しみたいと思ってます。
震災前、東京で暮らしていたころ、「ワクワク」することが最高に楽しくて、大好きな感覚だったことを思い出したから。

恐れや不安からでは、人は動かない。
だけど、楽しいことに人は集まってくるもの、でしょ?

だから、このプロジェクトを思いついたとき、「ワクワク海外移住」に即決定したってわけです!
 
 

じゃあなぜハンドルネームが「デイジー」なのかって話は、また別の機会に(笑)。

そして、肝心の「ワクワク海外移住」で何するのよ、って話もまた次に譲りたいと思います!